横浜・神奈川を中心に全国展開!戦略的なホームページ制作

ワードプレス(WordPress)とは

  • HOME »
  • ワードプレス(WordPress)とは

世界でトップシェアを誇るブログシステム

ワードプレスはCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれ、
ホームページを管理・更新できるシステムのことです

通常 ホームページを作る時は、ホームページビルダーのようなWebオーサリングツールや、
HTMLやCSS(スタイルシート)などのような知識が必要になりますが、
CMSはホームページを作成するための専門知識は必要とせず、
自由にページを更新してホームページのコンテンツ管理を実現するシステムです。

今やホームページはあるのは当たり前の時代になりました。
しかし情報の更新がされていないホームページが殆どです。
これは今までのホームページがユーザーにとって、気軽に情報発信できるようになってなかったことが、
大きな理由として挙げられます。

CMSは「積極的に更新して活用したい」というニーズに応える形で登場しました。

CMSがブログと違う点は

ブログは記事を書くと時系列的に記事が増えていくが,過去の記事は,その内容がどうあろうが,
新しく作成される記事の間に埋もれていってしまう。
しかし、CMSは時系列以外の管理(ワードプレスでは固定ページ)が可能で、ブログより自由度が高い。

ブログが企業ホームページに向かない理由

企業ホームページにおいて、時系列で管理するのは「ニュース」「新着情報」くらいで
それ以外のページ、例えば会社情報などは時系列でない管理が必要なためである。

ブログは、ユーザーとのコミュニケーションを行う手段として提供されており、、
コミュニケーションの必要性が低い企業ホームページにとって不要な機能が多い。
その一方で、自由なレイアウトを行うことが難しいなど、
企業ホームページを構築するためには問題となる制約も多い。

従って、一般的にブログを企業ホームページとして構築するために使用することは現実的ではないといえます。

ワードプレスはCMS市場シエアで60%を占めている

このようにシェアが高くなると、
当然色々な人に使われているわけで、情報も得やすい。

ホームページの導入事例が増え、提案もしやすくなる。

数年前までは2強だったMovable Typeは引き離された。

まず、再構築がないこと
管理画面がわかりやすいこと
カスタマイズが平易
テーマ・プラグインの豊富さ
がワードプレスのよさだと思います

ワードプレスはオープンソース

ワードプレスは「オープンソース」というライセンス形態をとっています。

このため、ワードプレス(ソフトウェア)は、個人・商用どちらでも無料で利用が可能となっています。

「オープンソース」とは、その名のとおり、誰に対しても「開かれた」オープン(open)なものなのです。

保存

保存

お気軽にお問い合わせください TEL 045-489-6381 受付時間 9:00 - 20:00 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright(C) 2013  ホームページサポート  All?Rights?Reserved.