2月末、Googleがモバイルサイトに対する検索結果を今後のランキング要素として、検索結果に反映すると発表しました。
実施日は2015年4月21日の検索結果から導入するとの事です。

今回発表された内容を見ると、ここ数年急増するスマートフォンやタブレットによる検索が増えた結果の対応だと言えます。
Googleから発表された内容を見ると、検索結果に及ぼす影響はスマートフォン・タブレットなどでの検索時のみので、PCからの検索には及ばないようです。あくまで現時点においてですが……

しかし、スマートフォン・タブレットでの検索では、モバイルフレンドリーに対応していない場合に、検索順位が下がる事になるので、スマートフォン・タブレットに対応していないホームページは、早急にモバイル対応をした方が良いようです。
今後、Googleの検索結果はPCとスマートフォン・タブレットの2種類があると言う事になります。

また、単純にスマートフォン・タブレットで見えるようにすれば良いと言う事でもなく、Googleにおける一定の基準を満たしていない場合も同様に順位が下がる可能性があります。

今後はレスポンシブサイトしか生き残れない時代に

今回の内容では、スマートフォン・タブレットでの検索結果と言っていますが、将来的にはGoogleはこの結果をPCでの検索結果にも反映させる可能性は否定できません。
PCで検索上位でもスマートフォン・タブレットでは検索に表示されない。つまりスマートフォン・タブレットのユーザーをないがしろにしているホームページを検索上位に表示してもいいのか?……。
と言う判断が下される可能性は非常に高いと言う事です。

まだホームページがモバイル対応していないのであれば、早急に対応しないと、PCへの検索結果に影響が出る日もそう遠くないかもしれません。そうなってから慌てたのでは、もう手遅れです。

現在のホームページ制作の殆どは何かしらのCMS(WordPress等)を使ったホームページです。
CMSの場合は使っているデザインテンプレートやプラグインなどで対応が可能ですが、そうでないホームページの場合は、モバイル対応を真剣に考える時期に来ていると言えます。

Googleがモバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルが追加されました。
(PCでの検索では表示されません)

この表示が無い場合は、スマートフォンに対応していないホームページだと言う事になります。

現在のホームページがスマートフォンに対応しているかどうかのテストは、下記のページで確認が出来ます。
もしこのページで対応出来ていませんと言う表示がされた場合は、早急に対応した方が良いでしょう。

モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

webマスターツールでも、スマフォに対応してないホームページに対してエラー警告を出しています。

image3

 

先ほども言いましたが、現状ではPCとスマートフォンの検索結果は別れています。しかしこれから先はどうなるか解りません。
まぁ、あまり穿った見方はしたくないのですが、過去Googleはそうした事をやってきました。
SEOも時代と共に変化することは当たり前です。

今後作りっぱなしで、放置されているホームページは益々検索結果に反映されなくなって行くわけです。
いずれにしても、これからのホームページはスマートフォン・タブレットへの対応は可決になって行くと言う事ですね。

 


 

今回の記事に付いての詳細はGoogleのウェブマスター向け公式ブログをご覧ください。

【検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために 】
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/11/helping-users-find-mobile-friendly-pages.html

既存のホームページを下手にモバイル化しようとすると、色々な問題ができてきますので慎重に対応しましょう!

【スマートフォン向け検索でのランキングの変更について 】
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/06/changes-in-rankings-of-smartphone.html