普段 商工会所の指導員や中小企業庁の派遣専門員として
お店や中小企業を回っています。

そこで気になることが。。。

ホームページの契約がリース契約のところが多いのに驚きます。

リース契約と言うと、コピー機等のハードの契約を思い浮かべますが、

本来 無形のものにはリース契約自体は締結できないはずです。

当然 ホームページは無形になります。

ハード等と抱き合わせで販売しているようですね。

聞いてみると支払いは 月々30000~5000円で 5年契約が多いのですが

総額にすると 180万から300万になりますから大変な金額です。

ホームページの制作費用としては大手並みですね。
中小企業にそんなお金はありません。

ホームページ制作のリース契約については、あまりいい話は聞いていません。

前にもこんな事で相談を受けました。

契約していたホームページ制作会社が倒産してしまい連絡が取れなくなってしまった。

ホームページは通常のHTMLで作ったものでは無く、独自のシステムで作られてもので動かなくなってしまって連絡が取れないのでどうしたらいいか? というものでした。

さすがに弊社でも情報も無く、独自のシステムで作られものまで対応はできませんでしたが。。。

リース契約の場合 途中解約ができません。

すでにリース会社と自社との間の契約になっているので、

理由がどうであれ、支払いを拒むとリース会社に何らかのペナルティを課せられますから、泣き寝入りして払い続けるしかない状況になります。

こんなのも、ありました リース契約が終わったらホームページが消滅しますと言われた何か対策はないか?

リース契約の場合は、依頼者の所有物になるのでは無いので
終了した時点で返却するか、再リースになります。

リース契約が終わった時点で自社のホームページが無くなってしまうというのも変ですよね。

通常 お金を支払って自社のホームページを作るんですから。。

弊社では作ったホームページに関しては、すべてお客様の著作権100%としています。
ご安心下さい。

ホームページ制作のリース契約に関しては上記のようなトラブルが多いです。

ホームページ制作代金を一括で支払うことが難しい、でもホームページを持ちたいと考えている中小企業にとって、月々の支払いが安くなると言う、リースマジックに心が動かされるのもわからなくはありません。

また、ホームページ制作会社サイドにしても、リース会社から制作料や保守料金を5年分一括で入りますから、もらってしまったらシメシメで(もちろんそういった会社ばかりではないでしょうが)

手っ取り早くお金が入るビジネスなので、新しい顧客探しに躍起になって、契約してもらったお客様は後回しになる可能性があります。
なので、5年先まで十分なサービスが受けられる保証はありません。

以上のようなことからホームページのリース契約はあまりお薦めはできません。

気をつけてホームページ制作業者選びは行いましょう。

そもそもネットで売上を上げるつもりであるならば、ホームページ制作料金が分割で安く済むからなんて考えは捨てたほうがいいです。

こちらの記事も参考になりますのでご覧ください。