ホームページ基礎講座: ホームページとブログの違い①

こんにちは横浜のホームページ制作会社 ホームページサポートの森です。

これだけネットが普及しても、以外に皆さん、ホームページとブログの違いをわかってない方が多いです。

今日はホームページとブログの違いついて書いてみたいと思います。

webサイトにはホームページと呼ばれるものやブログと呼ばれるものがありますが、これからWebサイトを作りたいと考えているのであれば、ホームページとブログの違いを知っておくことが大切です。

これらは全く性質が違うものなので、具体的にどういった違いがあるのか確認してみましょう。

ホームページは個人や会社、お店などの顔となるような存在です。

トップページを中心に様々な情報が階層状で並んでいます。

紹介したいサービスや商品について詳しく紹介することができ、整理された情報を求めているユーザーが読者になることが多いです。

作成には専門的な知識が必要になることが多いので、完成するまでに多くの時間と労力が必要となります。
ブログの場合は、ホームページのように情報が階層状になっておらず、時系列で表示されるので日記のような特徴を持っています。

イベントの開催や新商品の情報、最近のニュースなどタイムリーな話題を取り扱うためにピッタリです。

作り方や発信したい内容によって作成の難しさは違ってきますが、ブログ作成サイトなどを利用すれば、あまり知識がなくてもブログサイトを立ち上げることができます。

2つにはこういった違いがあるので、ホームページは具体的なサービスや商品、会社を求めている人、ブログは漠然としたキーワードから情報を集めている人の流入を期待することができるという違いもあることを知っておきましょう。

ホームページとブログは、作成の難易度や掲載に向いている内容、読者になりやすい人が大きく違っています。

自分の目的に合っていないサイトを作ってしまうと期待するような読者を得ることはできませんし、能力に見合っていなければサイトを完成させることができません。

webサイトを作りたいと考えるのであれば、ホームページとブログの違いを詳しく知ることで、自分に合ったものを作成できるようにしておくことが大切だと言えます。

ホームページ基礎講座: ホームページとブログの違い②

関連記事一覧

PAGE TOP