ホームページ基礎講座 レスポンシブWebデザインとは?

レシポンシブルデザイン

せっかくWebサイトを作っても、それが適切に表示されない環境があると残念です。そのような不安をクリアしたい人が調査をすると、たいていの場合は「レスポンシブデザインとは?」という疑問に行きつくことになります。

レスポンシブデザインは、あらゆるサイズのディスプレイによる閲覧や、スムーズな使用の実現に欠かせないものです。たった1通りのHTMLにもかかわらず、それをどのデバイスにも対応させて表示させます。

またレスポンシブデザインには他にも多くのメリットがあります。たとえば、管理の手間が少なくて済むこともその一つです。スマートフォンやパソコンなど端末ごとにHTMLが必要であれば、それらを個別に管理しなければなりません。最初は楽でも更新を繰り返していくうちに派生が多くなっていきます。

バージョンごとに特化した改修が必要になるなど、下手をすれば保守に追われる毎日になりかねません。そのようなリスクがなくなり、管理に頭を悩ますような状態に陥らずに済みます。

さらに、多くの人に共有されやすいことも特徴の一つです。自分のWebサイトを他人に見せたいときに、1つのURLを紹介するだけで事足ります。

スマートフォン用やパソコン用というようにURLを別々に提示しなくても大丈夫です。1人で複数の端末を所持するのが当たり前の時代なので、ユーザーにとっても1つのURLで済むのはありがたい話です。それにも関係しますが、検索エンジンにおける表示が上位になりやすいというメリットもあります。アクセスの分散を防げるという理由もありますし、モバイル機器で簡単に表示できる点もプラスに評価されやすいからです。

一方、レスポンシブデザインにはデメリットがあることも覚えておきましょう。HTMLがスマートフォンとパソコンで共通となっているので、前者では表示を省略するソースまで読み込むことになります。わずかとはいえ時間のロスが発生しますし、そのようなWebサイトばかり閲覧しているとストレスを実感するレベルになるかもしれません。

関連記事一覧

  1. ホームぺージ集客
  2. ホームぺージ制作
  3. ブログとホームページの違い
PAGE TOP