求人検索エンジン時代Googleしごと検索(Google for Jobs)の登場で人材の集客方法が変わる!?

インターネットが誕生し普及した事により人々の生活に身近な点でもあらゆる変化が生じていますが、仕事を探して自らの力が発揮できる場を探す際に利用する求人検索サイトは、インターネットならではの強みを活かしています。

求人検索サイトが誕生し多くの人に使われていますが、インターネットを活用して情報収集をする時に初期段階でアクセスされる検索エンジンを開発している企業(Google)が展開するサービスに、熱視線が注がれています。

検索エンジンの名称がサービス名の中に含まれているGoogleしごと検索とは、検索エンジンを利用して検索したキーワードをきっかけにして、キーワードに応じた求人情報を検索結果の上部に表示する仕組みです。

そのため、検索エンジンにアクセスして地域の名前と共に介護などの文言を入力すれば、地域に存在している施設よりも上の位置に現在において求人している施設の情報が表示される仕組みです。

そのような仕組みになっている為、Googleしごと検索は本来の検索エンジンにおける検索結果のようにあらゆる要素が関係して、検索結果の位置が変動する事がありません。

検索結果の上位に表示されやすいのは既に多くの人々に広く認知されている施設であったり、知名度が高い製品などを開発販売をしている企業のウェブサイトなので、まだ成長の段階である企業や起業して間もない企業の事例では上位に位置させるには最適化をする必要があります。

最適化をするにはインターネットはもちろんウェブサイトの事や、検索エンジンが時折変える仕組みなどにも柔軟に対応する必要があるので、精通している方を常時在籍させておいたり外部の専門業者に協力を依頼してサポートしてもらう必要があります。

Googleしごと検索とは企業の大きさや認知度などに関わらず、ユーザーが入力したキーワードに応じて求人情報を示してくれるため、人材を求めているもののまだ認知度が低くて検索エンジンへの対策をする準備も整えられていないという企業にとっては強い味方です。

無料であることも、金銭面での負担をできるだけ小さな状態で情報を発信し人材の確保をしたいと考えている方にとって頼もしいです。

Googleしごと検索とは求人情報を検索した時の結果の画面の上部に距離が表示される仕組みになっているので、現在生活をしている場所から近い所の情報が探しやすくなっています。

子育てをしていたり、自由度が高い働き方を求めている場合などは仕事場への往復の距離が大きな判断材料になりやすいため、距離が短い所に住んでいる人たちに見てもらえるようにすれば、通勤のしやすさから継続的に働いてもらえます。

加えて、Googleしごと検索は求人情報に対してユーザーからのレビューを受け付ける事もでき、ショッピングサイトのようにレビューが受け付けられるので、企業の働きやすさが一目瞭然になって大勢の方から応募してもらえる可能性があります。

PAGE TOP