Youtubeショートとは? 通常のYoutube動画との違い

Youtubeとはもはや我々にとって欠かせない娯楽になってます。テレビよりもむしろYoutubeで娯楽の時間を過ごしているという人も少なくありません。

テレビは視聴者がどうしても受け身な状態である一方、Youtubeでは視聴者が主体となってみたい動画を好きなだけ見ることが出来るのでの人気があるのです。

そしてYoutubeに作成した動画をアップして、登録者を募り済生回数などで広告収入を得る人も多くなってます。

収益がサラリーマンの年収をはるかに超える人も存在し、いかに多くの人々がYoutube動画を楽しみに見ているかがそこからもうかがい知れるんです。

Youtubeの動画アップは自分で機材を購入し、動画を撮影して編集してアップしなければなりません。

非常に手間暇がかかり、時間も膨大にかかる作業です。一方2020年からサービスを開始したYoutubeショートとは、スマホ内の公式アプリ1つで撮影から編集までが簡単に出来るものなんです。

これはYoutubeのTikTok版と考えれば理解しやすいでしょう。

Youtubeのようにクリックして閲覧するのではなく、スクロールで簡単に閲覧できるのもショートの魅力と言えます。

他にもYoutube動画との違いはたくさんあるんです。

Youtubeの動画時間は12時間まで可能ですが、ショートは60秒までと非常に限定されてます。

画面表示もショートは縦型動画がメインであって、スマホを縦持ちのまま楽しむことが可能です。

評価やコメント投稿は従来のyuotubuと同様に行えます。気軽に投稿でき、簡単に閲覧できる利便性から、より多くの人に閲覧してもらえるチャンスがショートにはあるんです。
そのため通常のYoutube動画の再生回数が伸び悩んでいたり、チャンネル登録数を伸ばしたい、新規参入したい企業などは積極的にショート動画を作成し、アップしていくことが大事であると言えます。

PAGE TOP