中小企業のためのキーワード選定戦略:効果的なリサーチ方法

中小企業のためのキーワード選定戦略:効果的なリサーチ方法

はじめに

中小企業がオンラインマーケティングで成功するためには、適切なキーワード選定が重要です。本記事では、中小企業が効果的にキーワードリサーチを行うための戦略をご紹介します。

1.サービス・商品の特徴を明確にする

まず、自社のサービスや商品の特徴を明確にしましょう。どのようなニーズに対応しているのか、競合との差別化ポイントは何かを洗い出します。これにより、キーワード選定の基準が明確になります。

サービス・商品の特徴を明確にするためには、以下の手順を踏んで分析を行いましょう。

①自社サービス・商品の網羅的なリストアップ

まず、自社が提供している全てのサービスや商品をリストアップしましょう。この段階では、細かいカテゴリー分けは必要ありません。

自社が提供している全てのサービスや商品をリストアップすることで、それぞれのサービスや商品について詳しく理解することができます。

例えば、自社が販売している商品の特徴や、提供するサービスの具体的な内容、対象となる顧客層などを把握しましょう。これにより、キーワード選定に必要な基本的な情報を得ることができます。

また、リストアップしたサービスや商品について、それぞれどのような強みがあるのか、どのような顧客ニーズに対応しているのか、どのような価値を提供しているのかを明確にしましょう。これらの情報を元に、自社が提供するサービスや商品について具体的なキーワードを考えることができます。

例えば、自社が提供する商品が「高品質なオーガニックコーヒー豆」である場合、キーワードとしては「オーガニックコーヒー豆」「高品質コーヒー豆」「最高のコーヒー豆」などが考えられます。これらのキーワードが検索エンジンで使用されることにより、自社の商品やサービスを探しているユーザーが自社のウェブサイトに辿りつきやすくなります

②ターゲット顧客の特定

次に、自社のサービスや商品を購入するターゲット顧客を特定します。年齢層、性別、趣味・関心、地域、職業など、顧客のさまざまな属性を考慮しましょう。

顧客の属性を明確にすることで、その人々がどのようなキーワードを使って検索する可能性があるかを予想しやすくなります。

例えば、高級感を重視する40代以上の男性をターゲットに設定した場合、”高品質なコーヒー豆” “上質なコーヒー豆” “豪華なコーヒー”などのキーワードが考えられます。一方で、20代の女性をターゲットに設定した場合は、”健康的なコーヒー豆” “オーガニックコーヒー” “ヘルシーコーヒー”などのキーワードが考えられます。

さらに、ターゲット顧客の趣味や関心も考慮に入れると、より効果的なキーワードが見つかるかもしれません。たとえば、エコロジーに興味がある顧客に対しては、”サステナブルコーヒー” “フェアトレードコーヒー”などのキーワードが有効でしょう。

地域も重要な要素です。特定の地域での需要が高い商品やサービスがある場合、その地域名をキーワードに含めることで地域限定の顧客を引き寄せることができます。

最後に、これらの情報を組み合わせて、より詳細なキーワードを作成します。たとえば、”ニューヨークで人気の高品質コーヒー豆”や”エコ志向の女性向けオーガニックコーヒー”などです。

これらの手順を通じて、自社のターゲット顧客が何を検索しているのか、どのような言葉を使っているのかを理解し、それに基づいてキーワードを選定することが可能になります。

③サービス・商品のニーズ分析

ターゲット顧客がどのようなニーズを持っているかを分析し、自社のサービス・商品がそれらのニーズにどのように応えているかを明確にします。また、顧客がどのような課題や問題を抱えているかを理解し、解決策を提供できるサービス・商品を強化しましょう。

ニーズ分析は顧客の動機を理解し、自社のサービスや商品がどのようにそのニーズを満たすかを把握するための重要なステップです。以下に、ニーズ分析を進める手順をいくつか提案します。

①ニーズの特定:顧客が何を求めているのかを特定します。これには、顧客の直接的な要望だけでなく、間接的な要望や潜在的なニーズも含まれます。例えば、お客様は「美味しいコーヒー豆」を求めているかもしれませんが、その背後には「リラックスしたい」「日常生活に少し贅沢をプラスしたい」などのニーズがあるかもしれません。

②課題・問題の特定:顧客がどのような課題や問題を抱えているのかを理解します。この課題や問題が、顧客のニーズを形成する一因になっています。例えば、お客様が「コーヒー豆の選び方がわからない」という課題を抱えている場合、そのニーズは「選び方のアドバイスを提供するサービス」や「選び方を教える情報コンテンツ」に繋がる可能性があります。

③解決策の提供:自社のサービスや商品が顧客のニーズをどのように満たし、課題を解決するのかを明確にします。これにより、自社の商品やサービスが顧客にとってどのような価値を提供するのかが見えてきます。

これらの分析を通じて、キーワード選定に役立つ情報が得られます。例えば、「選び方がわからない」を抱える顧客に対しては、「コーヒー豆の選び方」、「コーヒー豆の選び方ガイド」などのキーワードが適しているでしょう。また、「リラックスしたい」や「日常生活に少し贅沢をプラスしたい」というニーズを持つ顧客に対しては、「高品質コーヒー豆」、「特別なコーヒー豆」、「豪華なコーヒー豆」などのキーワードが有効でしょう。

④競合分析

競合分析は、自社の強みと弱みを理解し、市場での位置を特定するための重要なステップです。以下に、競合分析の手順を提案します。

①競合企業の特定:まず、自社と同じ市場で活動している企業や、類似の商品やサービスを提供している企業をリストアップします。競合企業は、直接的な競合(同じ商品やサービスを提供する企業)と間接的な競合(類似のニーズを満たす商品やサービスを提供する企業)の両方を含みます。

②競合企業の商品・サービスの分析:競合企業の商品やサービスが、どのようなニーズに応えているのか、どのような価値を提供しているのかを分析します。また、競合企業のウェブサイトや広告、ソーシャルメディアなどを調査し、彼らがどのようなキーワードやメッセージを使っているのかを理解します。

③自社の商品・サービスの強みと差別化点の特定:競合企業と比較して、自社の商品やサービスが何に優れているのか、どのように差別化できるのかを特定します。これにより、自社の商品やサービスが顧客にとってどのような価値を提供するのか、どのように競合から一線を画すことができるのかが明確になります。

たとえば、自社のコーヒー豆が競合品よりも品質が高い場合、キーワードとして「高品質コーヒー豆」を使用することが有効でしょう。また、自社が提供するコーヒー豆がフェアトレードであるといった社会的価値がある場合は、「フェアトレードコーヒー豆」などのキーワードを選択すると良いでしょう。これらのキーワードは、自社の商品やサービスが顧客の特定のニーズを満たすことを強調し、自社の位置付けを明確にするのに役立ちます。

⑤サービス・商品のカテゴリー分け

リストアップしたサービス・商品を、類似性や機能に基づいてカテゴリー分けしましょう。これにより、キーワード選定の際に、どのサービス・商品に注力すべきかが明確になります。

カテゴリー分けは、サービスや商品が提供する価値を明確にし、それぞれに対応する適切なキーワードを選定するための有効な方法です。

以下に、サービス・商品のカテゴリー分けの手順を示します。

①類似性の基準を設定:まず、どのようにサービスや商品をグループ化するかの基準を設定します。これには、機能性、価格、対象となる顧客層、使用状況などが考慮されます。

②カテゴリーの作成:設定した基準に基づいて、サービスや商品をグループ化します。各カテゴリーは、一連の関連するサービスや商品を含むべきです。

③カテゴリーごとのキーワード選定:各カテゴリーについて、その特徴や顧客のニーズに適したキーワードを選定します。

例えば、コーヒー豆の販売を行っている企業があるとします。この場合、商品を「オーガニックコーヒー豆」、「フェアトレードコーヒー豆」、「高品質コーヒー豆」などのカテゴリーに分けることができます。そして、各カテゴリーについて、それぞれの顧客が検索する可能性のあるキーワードを選定します。オーガニックコーヒー豆の場合、「健康的なコーヒー豆」、「環境に優しいコーヒー豆」などのキーワードが考えられます。

カテゴリー分けを行うことで、それぞれのサービスや商品がターゲットとする市場をより具体的に理解し、それぞれの市場に対する効果的なキーワード戦略を立てることができます。

⑥USP(ユニーク・セリング・ポイント)の設定

自社のサービス・商品の中で、特に強みとなる独自の価値や機能を明確にしましょう。USPは、顧客に対して自社のサービス・商品が他社とは違う理由を伝える大切な要素です。

ユニーク・セリング・ポイント(USP)は、自社の製品やサービスが他の競合から一線を画す特別な理由や特性を明確にするものです。USPを設定することで、顧客に対して自社の価値を強調し、彼らが選択を行う際の一助となります。

USPの設定は以下のステップで行うことができます。

①自社の強みの理解:自社のサービス・商品が提供する独特な価値や利点を理解することから始めます。これは、高品質な材料、革新的なテクノロジー、顧客サービスの優れたレベルなど、あらゆるものを含むことができます。

②顧客のニーズと結びつける:次に、これらの強みが顧客のどのようなニーズや欲求に応えるのかを特定します。特定の顧客セグメントが何を価値あると感じるのかを理解することは重要です。

③競争優位性の確認:最後に、自社の強みが競争企業と比較してどれだけユニークであるのかを確認します。同様の強みを持つ競合がいる場合、自社の製品やサービスが他の競合とどのように違うのかを強調することが重要です。

例えば、フェアトレードコーヒー豆を提供している企業があるとします。そのUSPは「公正な取引を支持し、生産者に公正な報酬を確保しながら、顧客に最高品質のコーヒー豆を提供する」ことになるかもしれません。これを明確に伝えるためのキーワードは、「フェアトレードコーヒー豆」、「最高品質フェアトレードコーヒー」、「公正取引のコーヒー豆」などとなるでしょう。

USPを明確に設定することで、効果的なマーケティングメッセージを作成し、それに基づいたキーワード戦略を立てることが可能になります。

これらの手順を踏んで、自社のサービス・商品の特徴を明確にすることができます。キーワード選定の基準が明確になることで、SEO対策やコンテンツマーケティングがより効果的に行えるようになります。明確な基準を持つことで、適切なキーワードを選定し、ターゲット顧客に対して自社のサービス・商品の価値を伝えることが容易になります。

また、SEO対策やコンテンツマーケティングの戦略を立てる際にも、サービス・商品の特徴を明確にすることが重要です。顧客が求めているニーズに対応したコンテンツを提供することで、検索エンジン上での評価が向上し、上位表示が容易になるでしょう。

さらに、自社のサービス・商品の特徴が明確になれば、競合企業と差別化するポイントが見えてきます。これにより、競合との競争が激しい市場でも、自社の強みをアピールすることが可能になります。

最後に、明確なサービス・商品の特徴を持つことで、ブランディングや広告戦略にも効果を発揮します。顧客に対して一貫したメッセージを伝えることができ、自社のブランドイメージを向上させることができるでしょう。

これらの理由から、自社のサービス・商品の特徴を明確にし、キーワード選定の基準を設定することは、中小企業にとって非常に重要です。効果的なSEO対策やコンテンツマーケティングを実施し、オンラインでの集客力を向上させましょう。

2.顧客の検索意図を考慮する

顧客がどのような検索ワードを使って情報収集をしているかを理解することが重要です。検索意図に合わせたキーワードを選定し、顧客に適切な情報を届けましょう。

顧客の検索意図を考慮することは、効果的なキーワード選定において重要な要素です。検索意図を理解し、それに合わせたキーワードを選定することで、顧客に適切な情報を提供し、検索エンジン上での評価も向上します。以下に、顧客の検索意図を考慮する方法を説明します。

①検索意図のタイプを理解する

検索意図は大まかに次の4つのタイプに分類されます。

・情報検索(Informational): 情報収集や疑問の解決を目的とした検索。
・調査検索(Investigational): 特定の商品やサービスに関する情報を収集することで、購入判断をしようとする検索。
・商取引検索(Transactional): オンラインでの購入やサービスの申し込みを目的とした検索。
・ナビゲーション検索(Navigational): 特定のウェブサイトやページにアクセスするための検索。

②顧客の検索パターンを分析する

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを活用し、顧客が自社ウェブサイトにどのようなキーワードでアクセスしているかを調べます。これにより、顧客の検索パターンを把握し、検索意図に合ったキーワードを見つけることができます。

③類似キーワードをリサーチする

キーワードリサーチツールを使って、既存のキーワードに類似したキーワードを見つけ出します。類似キーワードを調査することで、顧客の検索意図に合った新たなキーワードを見つけることができます。

④検索意図に応じたコンテンツを作成する

顧客の検索意図を理解した上で、それに応じたコンテンツを作成します。例えば、情報検索を目的とした顧客に対しては、役立つ情報や解説記事を提供しましょう。

顧客の検索意図を考慮することで、効果的なキーワード選定ができ、ウェブサイトへの集客やコンバージョン率の向上につながります。

3.キーワードリサーチツールを活用する

Google AdsのキーワードプランナーやUbersuggestなどのキーワードリサーチツールを活用し、関連性の高いキーワードや検索ボリュームを調べます。これにより、効果的なキーワードを見つけることができます。

キーワードリサーチツールを活用することで、関連性の高いキーワードや検索ボリュームを調べることができ、効果的なキーワード選定に役立ちます。以下に、キーワードリサーチツールの活用方法について説明します。

①Google Adsのキーワードプランナーを活用する

Google Adsのキーワードプランナーは、Googleが提供する無料のキーワードリサーチツールです。このツールを使って、関連キーワードや月間検索ボリューム、競合度などの情報を調べることができます。また、地域や言語による絞り込みも可能です。

②Ubersuggestを活用する

Ubersuggestは、SEOの専門家であるNeil Patelが開発した無料のキーワードリサーチツールです。このツールでは、キーワードの月間検索ボリュームやSEO難易度、有料広告の競合度などの情報を調べることができます。さらに、関連キーワードや類義語も提案されます。

③AhrefsやSemrushを活用する

AhrefsやSemrushは、有料のSEOツールですが、キーワードリサーチ機能が充実しています。これらのツールを使うことで、より詳細なキーワード情報や競合分析が可能になります。

④自社サイトの検索クエリを調べる

Google Search Consoleを使って、自社サイトにアクセスする際に利用された検索クエリを調べることができます。これにより、顧客がどのようなキーワードで自社サイトにたどり着いているかを把握し、効果的なキーワードを見つけることができます。

これらのキーワードリサーチツールを活用することで、効果的なキーワード選定が可能になり、SEO対策やコンテンツマーケティングの効果を最大化できます。

4.ロングテールキーワードを狙う

短いキーワードでは競合が激しく、上位表示が難しいことが多いです。中小企業には、検索ボリュームは少ないものの、競合が少なくコンバージョン率が高い長尾キーワードを狙うことが効果的です。

ロングテールキーワードは、短い一般的なキーワードに比べて検索ボリュームは少ないものの、競合が少なくコンバージョン率が高いため、中小企業にとって効果的なキーワード戦略です。以下に、ロングテールキーワードを狙う方法を説明します。

①ロングテールキーワードの特徴を理解する

ロングテールキーワードは、通常3語以上で構成され、より具体的な検索意図を持っています。これにより、顧客のニーズにピッタリ合ったコンテンツを提供することができ、コンバージョン率が高まります。

②顧客のニーズを把握する

顧客がどのような情報を求めているかを理解し、それに応じたロングテールキーワードを見つけます。顧客の質問や悩みを解決するコンテンツを作成することで、顧客の信頼を得られ、コンバージョン率を向上させることができます。

③キーワードリサーチツールでロングテールキーワードを見つける

キーワードリサーチツールを活用して、ロングテールキーワードを調査します。Google AdsのキーワードプランナーやUbersuggestなどのツールでは、関連するロングテールキーワードの提案や検索ボリュームを調べることができます。

④ロングテールキーワードを含むコンテンツを作成する

ロングテールキーワードを含むコンテンツを作成し、ウェブサイトに掲載します。記事やブログ投稿、FAQページなど、顧客が求める情報を提供する形式のコンテンツが効果的です。

⑤パフォーマンスを定期的に分析する

ロングテールキーワードのパフォーマンスを定期的に分析し、効果を検証します。Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを使って、検索順位やコンバージョン率をチェックし、改善点を見つけましょう。

ロングテールキーワードを狙うことで、競合が少なく、コンバージョン率が高いキーワードで上位表示を目指すことができます。中小企業にとって、効果的なSEO対策やコンテンツマーケティング戦略に取り入れる

5.競合分析を行う

競合がどのようなキーワードで上位表示されているか分析しましょう。競合のキーワード戦略を参考にし、自社のキーワード選定に役立てます。

競合分析を行うことで、競合がどのようなキーワードで上位表示されているかを把握し、自社のキーワード戦略に役立てることができます。以下に、競合分析の方法を説明します。

①競合企業の特定

まずは、自社と競合関係にある企業を特定します。直接競合する企業だけでなく、間接的に競合する企業もリストアップしましょう。

②競合企業のウェブサイトを調査

競合企業のウェブサイトを訪れ、どのようなキーワードが使われているかを調査します。ページタイトルやメタディスクリプション、コンテンツ内の見出しや本文に含まれるキーワードをチェックしましょう。

③SEOツールを活用する

AhrefsやSemrushなどのSEOツールを活用して、競合企業のキーワード戦略を分析します。これらのツールでは、競合企業の検索順位や検索ボリューム、バックリンク情報などを調べることができます。

④競合企業の強みと弱みを分析する

競合企業のキーワード戦略を分析した結果をもとに、強みと弱みを明確にしましょう。強みを参考にし、弱みを補完することで、自社のキーワード戦略を強化することができます。

⑤自社のキーワード戦略を見直す

競合分析の結果をもとに、自社のキーワード戦略を見直します。競合が狙っていないキーワードや、競合よりも優れたコンテンツを提供できるキーワードを選定しましょう。

競合分析を行うことで、効果的なキーワード戦略を立てることができ、自社のSEO対策やコンテンツマーケティングを強化できます。

6.キーワードの分類と優先順位付け

リサーチで見つけたキーワードを、類似性や重要度に応じて分類し、優先順位をつけましょう。効果的なコンテンツ作成や検索エンジン最適化のための基準となります。

キーワードの分類と優先順位付けを行うことで、効果的なコンテンツ作成や検索エンジン最適化のための基準が明確になります。以下に、キーワードの分類と優先順位付けの方法を説明します。

①類似性に基づく分類

リサーチで見つけたキーワードを、類似性や関連性に応じてグループ化します。これにより、同じグループのキーワードを含むコンテンツを効率的に作成することができます。

②キーワードの重要度を評価する

キーワードの重要度を評価し、それに応じて優先順位を付けます。重要度の評価基準には、検索ボリューム、競合度、コンバージョン率、顧客の検索意図などが考慮されます。

③優先順位を付ける

評価した重要度に応じて、キーワードに優先順位を付けます。高い優先順位のキーワードから順に、コンテンツ作成や検索エンジン最適化を行っていきます。

④キーワードマップを作成する

分類したキーワードと優先順位をもとに、キーワードマップを作成します。キーワードマップは、ウェブサイトの各ページにどのキーワードを割り当てるかを明確にするためのツールです。

⑤定期的にキーワードの分類と優先順位付けを見直す

市場環境や顧客ニーズが変化することを考慮し、定期的にキーワードの分類と優先順位付けを見直しましょう。新たなキーワードが現れたり、既存のキーワードの重要度が変わった場合には、適宜アップデートしていくことが重要です。

キーワードの分類と優先順位付けを行うことで、効果的なコンテンツ作成や検索エンジン最適化を進めることができ、SEO対策やコンテンツマーケティングの成果を最大化できます。

7.定期的なキーワードの見直しと更新を行う

SEO対策は継続的に行うべきであり、キーワード選定も例外ではありません。定期的にキーワードの見直しを行い、新たなトレンドや市場の変化に対応しましょう。また、効果が低いキーワードは更新し、より効果的なキーワードに置き換えることで、SEO対策の効果を最大化できます。

定期的なキーワードの見直しと更新を行うことは、SEO対策を継続的に行う上で非常に重要です。以下に、定期的なキーワードの見直しと更新の方法を説明します。

①キーワードのパフォーマンスを分析する

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを利用して、各キーワードの検索順位やトラフィック、コンバージョン率を定期的に分析しましょう。これにより、効果が高いキーワードや改善が必要なキーワードを把握することができます。

②新たなトレンドや市場の変化に対応する

業界のトレンドや市場環境の変化に敏感になり、それに応じた新たなキーワードをリサーチしましょう。Google Trendsなどのツールを利用することで、現在のトレンドや人気のキーワードを簡単に把握することができます。

③効果が低いキーワードの更新

分析の結果、効果が低いキーワードが見つかった場合、それをより効果的なキーワードに置き換えましょう。この際、検索意図や顧客のニーズに合ったキーワードを選ぶことが重要です。

④コンテンツの更新と最適化

キーワードの更新に伴い、ウェブサイト上のコンテンツも更新しましょう。タイトルやメタディスクリプション、本文内のキーワードを適切に配置することで、検索エンジン最適化を行います。

⑤定期的な見直しと更新のスケジュールを設定する

SEO対策は継続的に行うべきであるため、定期的なキーワードの見直しと更新のスケジュールを設定しましょう。例えば、月に1回や四半期ごとにキーワードの分析と更新を行うようにして、常に最適なキーワード戦略を維持することが重要です。

定期的なキーワードの見直しと更新を行うことで、新たなトレンドや市場の変化に対応し、SEO対策の効果を最大化できます。これにより、中小企業のオンラインビジネスを継続的に成長させることが可能となります。

まとめ

中小企業のためのキーワード選定戦略は、自社のサービス・商品の特徴を明確にし、顧客の検索意図を理解し、適切なキーワードリサーチツールを活用して関連キーワードを見つけることが重要です。さらに、長尾キーワードを狙うことで競合より優位に立ち、定期的なキーワードの見直しと更新を行うことで、SEO対策を強化できます。これらの戦略を実践し、中小企業のオンラインマーケティングを成功に導きましょう。

おすすめ関連記事

「中小企業のためのキーワード選定戦略:効果的なリサーチ方法」をお読みいただき、キーワード選定の基礎を学ばれたことと思います。

おすすめ関連記事では、SEOにおいて重要なGoogleの評価基準であるE-A-Tについてさらに詳しく解説します。

E-A-T(Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)は、Googleがコンテンツを評価する際に重要視している要素です。特に医療や金融などの領域では、正確性や信頼性が求められます。

E-A-Tを理解することは、中小企業のウェブサイトやコンテンツのSEO向上において非常に役立つでしょう。Googleは高品質で信頼性のある情報を提供するウェブサイトを上位に表示する傾向があります。

我々の関連記事「E-A-Tとは? SEOで重要なGoogleの評価基準」では、具体的なE-A-Tの要素とその重要性について詳しく説明しています。さらに、E-A-Tを向上させるための具体的なアクションやベストプラクティスもご紹介しています。

E-A-Tを把握し、それに基づいた戦略を展開することで、中小企業のウェブサイトの評価を向上させ、より多くのユーザーにアクセスしてもらうことができます。

是非、以下のリンクから「E-A-Tとは? SEOで重要なGoogleの評価基準」の記事をご一読いただき、中小企業のSEO戦略にお役立てください。

E-A-Tとは? SEOで重要なGoogleの評価基準

関連記事一覧

  1. SEOとリスティング広告の選択:ウェブサイト運営で重要な決断
  2. タグの書き方
  3. SEO対策の基本:中小企業が知っておくべきオンページSEO
  4. ウェブアクセシビリティとSEO:中小企業が取り組むべきポイント

ホームページサポートについて

神奈川県横浜市を拠点に、全国対応のホームページ制作・運用サポートを提供しています。

高品質なデザインとSEO対策で、お客様のビジネスを効果的にアピールします。

また、制作後の運用サポートも充実しており、長期的なお付き合いをお約束します。

初めてのホームページ作成からリニューアルまで、お客様のニーズに合わせたサービスを提供します。

PAGE TOP