ホームページを作成したら、離脱を防ぐためにまずやるべき3つの事!

ホームページ集客において重視すべきなのは、ユーザーの直帰率を減少させることです。

こうしたユーザーの離脱を防ぐためには、きちんと対策をしなくてはいけません。

まず、直帰率を減らすための必須条件としてはコンテンツを充実させることと表示スピードの改善があげられます。

特に、内容を見る前に離脱している場合にはSEO的な要素が問題なのではなく、単純に魅力的なコンテンツが存在しないと判断されているために離脱が多くなっていることがわかります。

ユーザーがどのようなコンテンツを求めているのかを精査して、質の高い情報を提供できるように改善しなくてはいけません。

また、同じように必須条件として大切なのがサイトの表示スピードです。

これに関しては、知らない内にユーザーの直帰率に繋がってしまっていることが多いです。

WEBに公開されているサイトは、サーバーというコンピュータを利用してサービスを提供しています。

サーバーは、ユーザーがそれぞれにサイトの情報を構築するために必要なデータを提供してくれる媒体であるため、サーバーが優秀なサイトほどコンテンツの表示スピードが速くなる傾向があるのです。

例えば、インターネット上には誰でも気軽にブログなどを開設できるように、無料のサーバーのサービスが提供されているところもあります。

しかし、こう言ったサーバーには不特定多数の利用者が存在するため、サーバーのデータの更新や送受信が重くなってしまう現象が頻繁に見られます。

サーバーから送られてくるデータの速度が遅くなってしまうと、ユーザーに表示されるコンテンツの表示スピードも遅くなるため、サーバーを強化することはサイト運営にとって必須になるわけです。

また、携帯デバイスから閲覧してくれる利用者に対するサービスも充実させておく必要があります。例えば、スマフォ化にきちんと対応していないサイトはかなり危ないです。携帯デバイスからアクセスしてきたユーザーに対して、専用のページが表示されるようにしておかないとまともにサイトを閲覧することができなくなります。

対策をしないと、直帰率が上昇することに繋がります。そして、ある程度のユーザーに関する対策ができた後はそのサイトの信用性を向上させることも考えなくてはいけません。

つまり、サイトそのもののセキュリティ性を向上させることです。最もわかりやすい方法としては、SSL化があげられます。SSL化は、インターネット上でデータのやり取りを行うときにそれを暗号化してくれるシステムのことを指します。

近年は、特にインターネット上での個人情報の特定や流出に敏感になっている人が多いため、この対策をきちんと行っておく必要があります。

クレジットカードを利用した商売をしたいと考えている人は、特にこの対策を行って信用性を上げることが重要です。快適なサイトに重厚なコンテンツ、そしてセキュリティ性を向上させておけばユーザーがすぐに離脱するような事態は避けることができます。

関連記事一覧

PAGE TOP