オムニチャネルとは? メリットは?

オムニチャネルとは、顧客が各チャネルの違いを意識せずに、商品を購入したりサービスを受けたりすることができる状態のことを言います。

オムニとは全てという意味合いがあり、オムニチャネルとはオフラインでもオンラインでも顧客との接点を統合させた状態を指し、小売業を中心に注目を集めているマーケティング戦略の一形態になります。

実店舗やECサイトや自社サイト・SNS・スマートフォンなどのアプリ・ポスターなどの広告全てのチャネルを統合して連携させ、顧客との繋がりを深めることで、売上のアップを図る目的として使われる手法です。

多くの企業がオムニチャネルの導入を進めているのですが、一体どのようなメリットの部分があるのでしょうか。

オムニチャネルは複数のチャネルを統合するので、顧客の利便性が高まる点がメリットになります。

例えば欲しい商品が実店舗で在庫切れの場合、お客様はその場で諦めてしまうことが多く、売上に影響を与えることになります。

オムニチャネルを導入することで、別店舗やECサイトの在庫確認をその場ですることができるので、後日に商品を宅配などで届けることができるようになり販売機会の損失を防ぐことができるようになるのです。

またECサイトで購入した商品を送料無料で実店舗で受け取ることも可能になるので非常に利便性が高いです。このことから顧客満足度が向上することで、企業のイメージが良くなりリピーターとなって売上アップに繋げることができます。

各店舗やECサイトの商品の在庫を一括で管理することで、在庫の適正化が可能になり、コスト削減に繋げる効果がある点もメリットの部分です。

また各チャネルを統合することで、従来のように個別で管理をしていたシステムや発注・受注・発送などの作業の一元化も可能になり、業務の効率化を図ることもできます。

オムニチャネルは顧客が求めるニーズの多様性に応えることができるシステムになります。

関連記事一覧

  1. webマーケティング
PAGE TOP